学生部会とは

△  学生部会は、日本野生動物医学会の理事会に正式に認められている一部会です。
 2001年の医学会大会の際、学生会員で集まりを持ち、もっと学生が活動しやすく、様々な提案や活動が出来るようにと設立しました。今では、獣医大学に関わらず全国16の大学に支部が置かれ、講演会や勉強会などを催したり、メーリングリストを通じ情報や意見交換をして、野生動物に関わる研究や活動を深めています。野生動物医学会と学生会員の連携を円滑にして、そして一人一人の学生が、自分なりの野生動物との関わり方を見つけ行動していくことが私たちの目標です。

 

代表挨拶::

学生部会第17期代表
酪農学園大学 獣医学群獣医学類 4年 大屋 優里

  こんにちは、日本野生動物医学会学生部会第17期代表の大屋優里です。私たち学生部会は、日本野生動物医学会に所属する学生で構成された組織で、日本野生動物医学会への学術的な貢献や野生動物に興味のある学生同士の交流を目的として活動しています。2001年の創設以来、今年で17期目を迎え、全国16の大学の支部を中心に受け継がれてきました。
 

第17期運営メンバー

新任の運営メンバーには★印を付けています


平成29年10月 9日現在

役職 名前 所属
代表 ★大屋 優里 酪農学園大学獣医学群獣医学類4年
副代表 ★藤 将大
★三枝 真悟
酪農学園大学獣医学群獣医学類3年
麻布大学獣医学部獣医学科2年次
事務局 ★臨光 克樹 宮崎大学農学部獣医学科4年
会計 小倉 裕平 鳥取大学農学部共同獣医学科3年
北海道大学支部長 榎土 慶 北海道大学獣医学部共同獣医学課程5年
酪農学園大学支部長 大屋 優里
★藤 将大
酪農学園大学獣医学群獣医学類4年
酪農学園大学獣医学群獣医学類3年
帯広畜産大学支部長 萩野 恭伍 帯広畜産大学畜産学部共同獣医学課程5年
北里大学支部長 白窪 香那 北里大学獣医学部獣医学科3年
岩手大学支部長 ★中嶋 慧介 岩手大学農学部共同獣医学科2年
日本獣医生命科学大学支部長 ★秋保 優佳 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科3年
東京農工大学支部長 ★伊澤 あさひ
★三宮 望
東京農工大学農学部地域生態システム学科2年
東京農工大学農学部地域生態システム学科2年
麻布大学支部長 ★三枝 真悟 麻布大学獣医学部獣医学科2年次
日本大学支部長 ★近藤 潤矢 日本大学生物資源科学部獣医学科2年
帝京科学大学支部長 中村 駿太 帝京科学大学生命環境学部
アニマルサイエンス学科3年
岐阜大学支部長 ★神田 茉莉花
★西村 風哉
岐阜大学応用生物科学部共同獣医学科2年
岐阜大学応用生物科学部共同獣医学科2年
大阪府立大学支部長    
鳥取大学支部長 ★小倉 裕平
★山本 楓
鳥取大学農学部共同獣医学科3年
鳥取大学農学部共同獣医学科3年
山口大学支部長 ★稲永 咲耶 山口大学共同獣医学部獣医学科2年
宮崎大学支部長 臨光 克樹 宮崎大学農学部獣医学科4年
鹿児島大学支部長 ★上岡 佑輔 鹿児島大学共同獣医学部獣医学科4年

 

活動報告

2008年活動報告(PDF)

学生部会規約

日本野生動物医学会学生部会 規約
(名称)
第1条 本部会は、日本野生動物医学会学生部会と称する。
(目的)
第2条
1.野生動物および動物園動物に関する学生間の情報・意見交換の場の提供などを通じ、この分野における学生の活動の活発化を図る。
2.日本野生動物医学会と学生会員との連携を円滑にすることにより、学会と協力して学生の立場からも日本野生動物医学会の目的達成に寄与する。
(活動)
第3条 本部会は、目的達成のため次の活動を行う。
1.ML、HPの作成
2.ニュースレターへの連載
3.自由集会および勉強会の開催
4.内外関連組織との連絡提携および交流会の開催
5.その他目的達成に必要な事項
(事務局)
第4条 本部会の事務局は日本大学生物資源科学部野生動物学研究室におく。
(構成)
第5条 本部会は、学生部会に参加を希望する日本野生動物医学会学生会員により構成する。また、役員は学生会員として登録済みであることとする。
(会議)
第6条 本部会の最高意志決定機関として総会をおき、原則として毎年1回通常総会を開催する。総会は本部会代表が招集し、必要に応じ臨時総会を開催する。ただし、本部会として公に意見表明する場合は、日本野生動物医学会の理事会にて承認を受ける必要がある。
(総会の運営)
第7条 総会の議事は、出席する学生会員の過半数の同意によって成立する。総会にて討議すべき事項は、次の通りとする。
1.規約の改廃
2.活動計画
3.役員の選任および解任
4.新支部設立
5.支部の閉鎖
6.その他必要とされる重要な事項
(役員)
第8条 本部会の運営を円滑かつ適正に行うために次の役員をおく。これら役員は総会で選任する。
1.代表 1名
2.代表補佐(副代表) 1~2名
3.会計 1名
4.事務局長 1名
5.各大学支部長 各々1~2名
ただし、事務局長は代表補佐(副代表)が兼任することができる。
(学生部会の開催、議事および権限)
第9条 役員会は、本部会代表が必要と認めたときに学生部会会議として随時開催し(MLを含む)、次のような事項を討議する。
1.本部会運営に関する事項
2.総会にて討議する事項
3.その他必要とされる重要な事項
ただし、本部会代表が緊急を要すると認めた時に限り、役員会の決定事項(全役員の2/3以上の賛成を必要とする)を日本野生動物医学会に提出することができる。
(役員の任務)
第10条 役員の任務は、以下の通りとする。
1.代表:代表は本部会の長として、活動を掌握し、これらをまとめる。
2.代表補佐:代表補佐は代表を助け、代表に事故ある時は代表代行とする。
3.会計:会計は本部会の金銭の出納を記録・管理する。
4.事務局長:事務局の長として、各役員と協力し会務を運営する。(→第4条参照)
5.各大学支部長:各大学支部長は、各大学を代表し会員を取りまとめ、学生部会と相互連絡を行い本部会運営に協力する。
(役員の任期)
第11条 役員の任期は、1年とし通常総会終了後に終わるものとし、再選を妨げない。役員に欠員が生じた場合は補充し、その任期は前任者の残存期間とする。
(付則)
1.この規約に定めない事項については、総会または役員会において決定する。
2.この規約は、2002年12月15日から施行する。
3.この規約は、2009年9月5日から改訂する。
4.この規約は、2012年9月1日から改訂する。
5.この規約は、2014年9月17日から改訂する。