2017年度 日獣大会情報


以下に開催概要及び、学生部会が企画実行する係からの連絡を掲載します。
なお、大会に関する最新情報につきましては、日本野生動物医学会WEBページ「大会案内」を随時ご確認下さい。
日獣大会HP: http://www.knt.co.jp/ec/2017/jjzwm/index.html

開催概要

会 期:2016年9月1日(金)~9月3日(日)
会 場:日本獣医生命科学大学(東京都 武蔵野市)
主 催:日本野生動物医学会

☆大会プログラム
詳細が決定次第、更新いたします。

宿泊、学生集会、学生懇親会係より

【2016年度 日本野生動物医学会大会 宿泊、学生集会、学生懇親会 申し込み】
宿泊係から、今年の野生動物医学会の宮崎大会の宿泊施設についてのお知らせです。
また、宿泊と学生集会、学生懇親会の参加申し込みが宿泊のフォームと一緒になっているのでそちらの申し込みについてのお知らせでもあります。
学生集会、学生懇親会の概要は各係から改めてお知らせがあると思うので、そちらを参照ください。
※このメールの文末にも各企画の現時点での仮の日程や参加費を記載してあります。
宿泊、学生集会、学生懇親会への参加を希望する方はメールの最後にあるURLから申し込みをしてください。
締め切りは大会の事前申し込みと同じ7月1日としますので、大会への参加申し込みと同じく忘れないように宿泊予約をお願いします!

<宿泊施設>
グリーンリッチホテル宮崎
*9/15〜9/18までの間の最大4泊が可能
*アメニティあり
*宿泊代は一泊約3000〜4000円前後(平日、休日でお値段が異なります)

*お部屋は2人部屋、4人部屋、5人部屋のどこかになります。部屋の割り振りはこちらでさせていただきます。

*土日は料金が1000円上乗せとなるため、宿泊する日にちにより、料金が変わります。

料金は人数が確定する7/1以降に、フォームに記入していただいたアドレスまで折り返しメールでお知らせします。そちらのメールに振り込み先についても明記させていただきます。
※料金の振込確認をもって申し込み確定とさせていただきます。

今回、宮崎大会の大会HPの方でも一般・会員向けに宿泊所の斡旋をしていますが、学生部会で用意しているこちらの方がお値段お安めとなっていますので、学生は是非利用してください!

9/18の15時〜18時(仮)

〈学生懇親会〉
9/18の18時〜20時
参加費(仮):学生3500円
社会人4000円
当日参加+200円

それでは、どうぞよろしくお願いします。

 

フォトコンテスト係より

【2017年度野生動物医学会フォトコンテストのお知らせ】

テーマ①「食」
  動物は物を食べて生きています。それぞれの動物で、その食べっぷりはユニークで面白いものです。さらには動物の食う食われるの関係、それに関する行動というものは動物ごとに特徴的で興味深い…。食べている姿はもちろん、食べ物を得ようと必死な様子、食べられないよう身を守る様子など、「食」を連想させる写真を募集します。

テーマ②「音」
  動物は生きていれば鳴き声はもちろん、足音、鳥の羽ばたきなど、多くの音を発します。さらには、都会の喧騒、風の音、川のせせらぎ、海の波音など、自然の中で耳を澄ませば実に多くの音が聞こえてきます。そういった、写真から何か音が聞こえてきそうな写真を募集します。

●応募要項
・ 応募資格は、野生動物医学会の学生会員である、または夏大会に参加予定であること。
・ 写真に動物が映っていること。生き物の種類は問いません。脊椎動物、無脊椎動物、どちらでもOKです。外来種も可。ただし、どちらのテーマもペットは除きます。
・ 撮影機材に制限は設けません。スマホで撮った写真もOK!
・ 各テーマで1人1作品までの募集とします。つまりは1人最大2作品の応募まで。
・ 大会中に医学会参加者による投票で選ばれた上位作品は懇親会内で表彰、賞品を贈ります。
・ 今回応募された作品は来年のコラボ作品に使われる可能性があります。使われたくない場合はあらかじめ応募の時その旨を伝えてください。

●応募方法
・ 応募する写真をメールに添付して以下のアドレスに送ってください。
photocon2017intokyo@gmail.com(@を半角に変換)
質問などもこちらのメールアドレスにお願いします。
・ 応募メールには「氏名」、「大学と学年」、「対象動物の種名(わかる範囲で)」、「どちらのテーマの写真か」、「題名」、「一言コメント」を記入。また、差しさわりのない範囲で撮影日時と場所(2016.9月 ○○県など)も。
・ 募集期間は6月1日(木)~7月22日(土)とします。
 

プログラム

 

2008年神戸大会特集

2008年9月3日~9月7日にかけて、日本野生動物医学会第14回大会が開かれました。学生部会は9月4日の18:00~20:00に、「野生動物と人との軋轢や保護活動」をテーマに学生集会を開催しました。また、5日20:00からは学生懇親会が開かれ、学生間の交流を深めました。
学生部会の企画側から、鳥取大学農学部獣医学科4年の伊従留南さんのレポートを、
参加者側から、鹿児島大学獣医学部1年の小出智矢さんのレポートを紹介します。

 

第14回神戸大会活動報告           
鳥取大学農学部獣医学科4年 伊従留南

 平成20年度の野生動物医学会大会での活動報告をさせていただきます☆活動報告といっても、私たち学生の活動を私個人の視点から見た感想的なものなので軽い感じで見てください。report1
 今年の大会は9月3日~7日に神戸大学、神戸市立王子動物園、財団法人神戸学生青年センターにて行われました。
 4日から車で参戦した私には始めての神戸。さぞ人の多いところなんだろうと思ったら坂!!!!!多いよ!!というのが第一印象。青年センターに車を置いて神戸大学までは歩いていこうと思っていましたが、荷物などなんだかんだ毎日運ぶものがあって結局大会中大学まで毎日ぶぃ~んと車で行きました。汗だくで歩いていたみなさんごめんなさい…。
 私は今回企画販売担当だったので4日の9:00~販売ブース設置してました。ぞくぞくとやってくる、一年間メールでやりとりしてきた仲間達。学生達。先生方。ほとんどが一年ぶりの顔ぶれでテンション上がりだします↑↑↑みんな久しぶり!!元気そうでなによりです♪
 午前中は自由集会でしたが、休憩時間の一部をいただいて企画販売の宣伝をさせていただきました。マイクは鹿児島大学の羽賀君に任せて私は「ステージ側からみた大会ってこんななのか~」と思いながらTシャツ着て笑顔振りまいてました(´▽`*)
 昼からは支部長会議でした。ここで支部長交代する支部も多かったと思います。私も、この場で3年の藤村さんに支部長を引き継いでもらいました。
 会議では様々なテーマが話し合われ、去年以上に白熱且つまとまった内容になったと思います。支部長以外にも何人かの学生が参加していて、私たちの活動に興味を持ってもらえてるのが少し嬉しかったです。
 午後の理事会、評議員会は学生にとっては空き時間になるので、車持ってる私は翌日の懇親会のための買出しに向かいました。青年センターの受付のおばちゃん、何もわからない外来種に親切に道教えてくれてありがとう!!お陰様で駐車場とか安いお店を探す旅はスムーズに行きました。見知らぬ土地をオラオラ運転するのは気持ちよかったです♪
 この日の夜は、ザ☆学生集会です!!クイズ形式で野生動物がもつさまざまな問題についてグループ内で討論しあいました。正直「こんな難しいテーマで皆ついてくるのか!?」みたいな心配はありましたが、かなりアツい討論が繰り広げられました。制限時間があるのが残念。どこまででも話していられそうなテンションでした。report2
 大会三日目、5日も朝から企画販売のお仕事です。売り子に協力してくれたメンバーも前日の仕事内容になれてきたようで、着実に売り上げ伸ばしてます。交代でシンポジウムに参加し、発表内容に興奮しながら帰ってきてまた交代…という流れで仕事をこなしてきました。
 昼は学生総会です。学生総会。…びっくりした!!椅子が全然足りないほどの超満員御礼!!!!しかも学生が皆ニコニコしてて雰囲気がすごくイイの!!野生動物に魅入られた学生がこんなにたくさん!!仲間がいっぱいな気分でほんわかしました。総会は新学生代表の石川さんの紹介から始まり、各大学の支部長が簡単なスライドと共に活動内容を発表するという終始わくわくキラキラした感じでした。若いはイイ!!テンション上がったまま鳥大紹介の番。ここで俺様的名言でました(笑)「鳥大は今、過去最高にアツいです!!(≧▽≦)」。あとで色んな人にツッコまれました…。鳥大が過去最高にアツくなれたのもついてきてくれたメンバーのおかげです。
夜は全体懇親会と学生懇親会です。全体懇親会は神戸大学のリッチでおいしいものがたらふく食えるので前半はもう完全に食いに走ってました(^_^;)いろんな先生と色んな話をして、たくさん刺激を受けた懇親会でした。…アルコールの刺激もステキでしたょ☆report4
 その後の学生懇親会はいつもどおりぐでんぐでんでしたが本当に楽しい席でした。学生の飲み会に参加してくださった先生も何人かいらっしゃってかなりフレンドリーにお話ができました。北海道からバイクで来るなんて勇者、バイク好きとしてはほっとけないでしょぉ~。
 翌、6日は私が毎年の大会で一番楽しみにしている口頭発表とポスター発表です。どちらも発表者に対して直接質問ができるし、新しい知識が入るともうどんどん楽しくなってきちゃいます。もちろん、どの研究に興味があるかなんて個人差だろうけど、どれも本当に面白い!!4年間獣医の勉強をしてきただけあって、はじめて参加した学会とは全然違いました。理解できる喜びを感じられました。ポスター発表にいたっては質問からそのまま討論にまで入っちゃったりもできるのでもう自分の将来図がどんどん広がってって収拾つかなくなってきます。この日の自由集会Ⅱでは学生部会のメンバー2人も加わったディスカッションがありました。先生方と壇上で意見を交わすなんてことはできないビビリな私は会場でその様子を「すげぇな~」思いながら見てました。
 大会はまだあと一日ありますがほとんどの人が翌日チェックアウト。企画販売の仕事はこの日までってことでこの日の飲み会は最高に打ちあがりました↑↑↑兵庫といえば明石焼き♪翌日お別れのメンバーとはここで語れるだけ語りました。でもどこまで喋っても喋り足りない感じでした。report3一年間この大会のためにいろいろ企画して頑張ってきた皆だもんね。また来年もがんばろうね。
 大会最終日、7日は王子動物園の自由集会に参加しました。自由集会もとても有意義でしたし、自由集会後の空き時間に動物園の動物達も見ることができて、一観光客として兵庫最終日を楽しみました(笑)
 ほとんどの学生はここで帰って行きましたが私は夜のSSCにも参加しました。SSCは席の配置と部屋の雰囲気的になんだか学校で授業を受けているような感覚になりました。内容的にぶっちゃけ学校の授業よりがっつり食いついて聞き込んでましたが…。その後の懇親会は先生方と他の学生とが輪になって座って語り合うという、普段あまりない感じの和気藹々としたものでした。もう一泊して朝まで語り合いたかったけど、後ろ髪引かれながらも青年センターを出発しました。朝までには鳥取に着けるように、夜の空いた高速を通って帰路に着きます。皆さんサヨウナラ、また来年会いましょう。
 ココに書ききれないような裏話はまだまだたくさんありますが、report5本当に本当に濃い~ぃ4日間でした!!まいった!ずっと楽しかった!!次の大会はまた別の視点もしくは立場から参加していると思いますが、自分が学生部会で、この仲間達と一緒に今回の仕事が出来てよかったな、幸せだな~と思った4日間でした。そして来年はこうしようって反省もいっぱい見えました。うん、次の大会が楽しみだ!!!来年も学生部会メンバー一丸となって頑張っていきましょう!!



第14回野生動物医学会大会に参加して
鹿児島大学農学部獣医学科1年 小出智矢
大学に入学する以前からその存在だけは知っていた野生動物医学会。漠然と「野生動物に関わる獣医師になりたい」と思っていた自分にとっては、今回、野生動物医学会に参加することは具体的なビジョンを抱く絶好の機会となりました。
現在第一線でご活躍されている方々や大学の先生方と話すことで、実際の仕事での野生動物との関わり方や現状の野生動物を取り巻く環境などを知ることができました。特に大会期間中に設けられたSSC座学コースは、講義とその後の交流会と合わせて、どのように支部の活動を展開していくかや実際の現場での仕事内容などまで学ぶことができ、今後「どのように」そして「何を目標として」成長すべきかを捉えることができたと思います。また、同じ志を共にする他大学の学生の方との交流もとても良い刺激となりました。
鹿児島大学支部として活動している「野生道」は他の支部と比べると実質的なメンバーは数えるほどで、活動もメーリングリストを用いての情報の共有程度の物でした。しかし、今回の学会では先生方のみならず、同じ学生の方からも良きアドバイスを頂くことでメンバーの志気も高揚し、秋には勉強会を開くまでにこぎ着けることが出来ました。内容は個人で行った活動の報告をする程度のものでしたが、野生道以外の方も参加して頂き、着実な一歩を踏み出すことが出来たと実感しています。今後も積極的に活動を進めて行き、二歩目、三歩目と鹿児島大学支部を盛り上げていこうと考えています。
来年の富山大学での野生動物医学会にも新たに加入する新入生と共に参加し、さらに多くの経験や交流を得たいと思っております。

ニュースレター

公開停止中

ニュースレターバックナンバー

2008年12月発行ニュースレター (pdfファイル)
2008年6月発行ニュースレター (pdfファイル)