SSCとは

SSC=Student Seminar Course (ステューデントセミナーコース)△
 SSCとは、2003年の夏に初めて開講された、日本野生動物医学会主催の教育研修課程です。野生動物の医学に関する基礎と応用を学ぶことを大きな目的としています。
 本課程(コース)は基礎と応用とに分かれています。基礎の各コースでは野生動物の生態学や保全生物学、保全医学、解剖学、生理学、病理学、感染症学、フィールド疫学、公衆衛生学、野外調査の概要、救護および管理学、さらには野生動物を取り巻く現在の問題などを学びます。野生動物医学の基礎的な知識を包括的に身に付けることができます。
 応用の各コースでは動物園・水族館等での実際的な臨床、野生動物の救護治療あるいは管理学の実際を学ぶことができます。
 SSCの受講資格は、日本野生動物医学会の会員(学生会員もしくは、正会員)であること。また、応用の各コースを受講するには基礎座学コースを修了している必要があります。
SSCは元々、野生動物医学の専門家である専門医認定制度の実施にあたり、大学によっては野生動物医学を学べる講義や実習が十分ではない現状を改善するために設けられました。主に学生を対象として、大学等の組織の枠を越えた連携の元に野生動物医学を深く学ぶことのできる機会を設けることで、この新たな学問領域における基礎知識と専門知識の普及ならびに向上を目指しています。
あなたも是非参加して、すばらしい経験を積んでみませんか。

 

 SSCに関する情報は日本野生動物医学会のニュースレターへの掲載またはwl-snt(野生動物学生間ネットワーク)のメーリングリストにて随時配信をしています。学生部会ホームページへの掲載は基本的にwl-sntへの配信の後となりますので、SSCについて興味がある方はまずはwl-sntへの登録をお勧めします。 → ML登録


次回SSC情報


◎SSC博物館コース:今後決定次第お知らせします


◎応用(Ⅰ)動物園・水族館コース 募集要項

【主  催】 日本野生動物医学会
【実施期間】 2017年8月1日(火)から8月3日(木)の3日間
【実施場所】 よこはま動物園

【参加資格】 日本野生動物医学会学生会員で獣医学科4年生以上であること。
※ 各自、傷害保険に加入しておくこと。
※ 事前に破傷風予防接種が完了していることが望ましい。

【募集人数】 4名
【宿泊場所】 各自で用意してください。

【参加費】  10,000円
※ 施設および機器使用料、テキスト代、消耗品費および人件費を含みます。
※ 宿泊費および昼食費は含みません。
※ 参加決定後に、「松本令以(日本野生動物医学会SSC委員会委員長)」の銀行口座に一括入金すること。
※ 開始7日前までのキャンセルには全額返金しますが、以降の返金には応じません。
※ コース実施期間中の欠席に対しての部分的返金は行ないません。

【動物園・水族館コースの実施内容(予定)】
・動物園学
・動物病院見学
・野生動物の飼養管理【見学】
・園内巡回【見学】
・動物園動物の感染症【講義】
・野生動物の病理解剖【見学】
・捕獲と保定【講義と実習】
・動物園動物の個体管理【講義】
・臨床病理(血液検査)【実習】
・整形外科【実習】
・標本作製【実習】
・不動化・麻酔モニタリング【実習】
・超音波検査【実習】
ただし、実施内容は状況により変更の場合があります。

【申込方法】
・下記の必要事項を記載の上、E‐mailにて申し込んでください。
Ⅰ)氏名(漢字とローマ字)、性別
Ⅱ)日本野生動物医学会の会員番号
Ⅲ)所属(大学名・学部・学科・学年)
Ⅳ)連絡先(現住所・電話番号・メールアドレス)
    ※電話番号およびメールアドレスは、携帯電話のものでも可。

【申込先】
公益財団法人横浜市緑の協会 よこはま動物園 植田 美弥
ueda.mアットマークhama-midorinokyokai.or.jp
アットマークを@にかえてください。

【申込締切】 2017年7月5日
※ 申込多数の場合は、抽選にて参加者を決定します。
※ 抽選結果は2017年7月10日までに申込者のメールアドレスに連絡します。
※ 参加決定者には、後日、必要事項を連絡します。

過去のSSC情報

過去に開かれた調査会・講演会などの情報です。情報はすべて当時のものです。

◎2016年度 日本野生動物医学会主催SSC
「Field epidemiologists (FE) による未来のFEのためのSSC」
(通称WAMC/SSC)募集要項

【実施概要】本SSCは2004年、酪農学園大学動物病院構内に当該大学院獣医学研究科の一施設として野生動物医学センターWild Animal Medical Center(『WAMC』と略記)が設置されたのを機に開始され、2014年度まで11回、計30名が修了した(所属大は北から北海道大、帯畜大、北里大、日本大、麻布大、日本獣医生命大、帝京科大、岐阜大、鳥取大、宮崎大および鹿児島大、学科系統別内訳として獣医19、看護含応用動物8;なお、2010年度はFMD対策のため中止)。本SSCは日本野生動物医学会(2003)で提示された「望ましい実習項目」の「基礎コース」および一部「応用コース(III)」を基盤に野外疫学の視点を涵養することを目的とするもので、WAMCでの関連分野の講義、剖検あるいは麻酔用吹き矢の作製と使用法の実習、これに隣接する野幌森林公園森林地帯内の野外実習(センサスと捕獲)が組み込まれている。場合によっては、WAMC入院中の傷病野生鳥獣の飼育や保定・採血(WAMCは北海道庁・北海道獣医師会指定野生傷病鳥獣受診動物病院も兼任)、あるいは有害捕獲されたアライグマなどの安楽死処置など、WAMCにおける日常の業務に参加しながら、job on the siteとして研修を積む。去年までの内容は学会が毎年12月に発行するニュースレターをご参照して頂きたい。

今年は2016年9月9日から12日に実施する予定である。対応者は浅川のほかWAMC所属4.5年生で、研究室演習・実習の一環として実習を担う。

【応募資格】野生動物医学会の学生会員であること

【募集人員】4名

【日程】2016年9月9日(金)~12日(月)

【実施研修施設および実習フィールド】酪農学園大学動物病院構内・野生動物医学センターおよび隣接する野幌森林公園森林地帯(所在地住所 〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582)。本学アクセスは酪農大公式ホームページ http://www.rakuno.ac.jp/gaiyou/access.html 参照。

【宿泊施設】酪農学園大学合宿所(無料)

【費用】実習費20,000円+食費2000円程度

【交通費】各自用意(学生部会生活面支援スタッフと研修初日に相談)

【保険・ワクチンなど】各自旅行用傷害保険事前加入(コピー提出)。破傷風ワクチン事前接種

【注意事項】もし、国内で口蹄疫発生など不測事態が生じた場合、中止される可能性もありますので、MLでの告知にはご注意ください。


◎2013年度 スチューデントセミナーコース(SSC)
応用(Ⅰ)動物園・水族館コース 募集要項


【主  催】 日本野生動物医学会

【実施期間】 2014年3月10日(月)から3月12日(水)の3日間

【実施場所】 よこはま動物園

【参加資格】 日本野生動物医学会学生会員で獣医学科4年生以上であること。
※ 各自、傷害保険に加入しておくこと。
※ 事前に破傷風予防接種が完了していることが望ましい。

【募集人数】 4名

【宿泊場所】 各自で用意してください。

【参加費】  10,000円

※ 施設および機器使用料、テキスト代、消耗品費および人件費を含みます。
※ 宿泊費および昼食費は含みません。
※ 参加決定後に、「日本野生動物医学会SSC委員会」の銀行口座に一括入金すること。
※ 開始7日前までのキャンセルには全額返金しますが、以降の返金には応じません。
※ コース実施期間中の欠席に対しての部分的返金は行ないません。

【動物園・水族館コースの実施内容(予定)】

・動物園学動物病院見学野生動物の飼養管理【見学】
・横浜市繁殖センター見学園内巡回【見学】
・動物園動物の感染症【講義】
・野生動物の病理解剖【見学】
・捕獲と保定【講義と実習】
・動物園動物の個体管理【講義】
・臨床病理(血液検査)【実習】
・整形外科【実習】
・標本作製【実習】
・不動化・麻酔モニタリング【実習】
・超音波検査【実習】
ただし、実施内容は状況により変更の場合があります。


◎2013年度 SSC応用編 博物館コース

日時:2013年8月6日火曜日、7日水曜日 2日間
場所:国立科学博物館 つくば地区内
〒305−0005 茨城県つくば市天久保4−1−1
http://www.kahaku.go.jp/institution/shinjyuku/index.html

【内容】
8月6日 午後1時~

・酒井 孝氏(アクアワールド茨城県大洗水族館)
          「水族館飼育鯨類とストランディグ対応について(仮題) 」
・鈴木一平氏(東大・海洋研)
          「アシカ科の摂餌生態学:エネルギー生態学について(仮題)」
・山田 格 (国立科学博物館)
          「イルカ・クジラの解剖学、形態学(仮題)」
・田島木綿子(国立科学博物館)
          「ストランディング調査概要、病理調査を中心に(仮題)」

8月7日 朝~夕方まで
 茨城県にストランディングしたハンドウイルカ1頭の調査

【 参加費】
7000円(交通費、宿泊費は自己負担)

【必須持ち物】
作業着、長靴(その他はこちらで用意します)

【参加条件】
学生会員のみとします(大学院生、研究生、ポスドク含む)。
参加者申請が少ない場合、一般会員の参加もOKと致します。その際はMLにてご連絡します。

【参加人数定員】 
15名

【申し込み締め切り】
7月末日まで

以上です。
皆様のご参加をお待ちしております。

【連絡先】
 田島 木綿子( TAJIMA YUKO)
 支援研究員
 脊椎動物研究グループ
 国立科学博物館 動物研究部


◎2013年度 日本野生動物医学会主催
スチューデント・ショート・コース(SSC)

「Field epidemiologists (FE) による未来のFEのためのSSC」
(通称WAMC/SSC)募集要項

【実施概要】本SSCは2004年、酪農学園大学動物病院構内に当該大学院獣医学研究科の一施設として野生動物医学センターWild Animal Medical Center(『WAMC』と略記)が設置されたのを機に開始され、2012年度まで8回、計24名が修了した(所属大は北から北海道大、帯畜大、北里大、日本大、麻布大、日本獣医生命大、帝京科大、岐阜大、宮崎大および鹿児島大、学科系統別内訳として獣医16、看護含応用動物8;なお、2010年度はFMD対策のため中止)。本SSCは日本野生動物医学会(2003)で提示された「望ましい実習項目」の「基礎コース」および一部「応用コース(III)」を基盤に野外疫学の視点を涵養することを目的とするもので、WAMCでの関連分野の講義、剖検あるいは麻酔用吹き矢の作製と使用法の実習、これに隣接する野幌森林公園森林地帯内の野外実習(センサスと捕獲)が組み込まれている。場合によっては、WAMC入院中の傷病野生鳥獣の飼育や保定・採血(WAMCは北海道庁・北海道獣医師会指定野生傷病鳥獣受診動物病院も兼任)、あるいは有害捕獲されたアライグマなどの安楽死処置など、WAMCにおける日常の業務に参加しながら、job on the siteとして研修を積む。したがって、具体的な内容は年度によって異なるので、これまでのニュースレターで紹介された参加者のレポートを一読されることを推奨する。参加される方々は学問的背景や学年も多様である。しかし、扱うものは無理なく、楽しく理解できるように配慮したのでご心配なく。

【応募資格】野生動物医学会の学生会員であること
【募集人員】4名
【日程】2013年9月8日(日曜)~11日(水曜)
【実施研修施設および実習フィールド】
酪農学園大学動物病院構内・野生動物医学センターおよび隣接する野幌森林公園森林地帯
(所在地住所 〒069-8501  北海道江別市文京台緑町582)。
本学アクセスは酪農大公式ホームページhttp://www.rakuno.ac.jp/gaiyou/access.html 参照。
【宿泊施設】酪農学園大学合宿所(無料)
【費用】20,000円/人 
【食費・交通費】各自用意(学生部会生活面支援スタッフと研修初日に相談)
【保険・ワクチンなど】各自旅行用傷害保険事前加入(コピー提出)。破傷風ワクチン事前接種

締切は2013年6月30日(日)です。

応募多数の場合は抽選の上、7月4日(木)までに結果をお知らせ致します。

【注意事項】もし、国内で口蹄疫発生など不測事態が生じた場合、中止される可能性もありますので、MLでの告知にはご注意ください。

◎2012年度SSC博物館コース

【日時】8月12日(日)、13日(月)
【会場】国立科学博物館 つくば地区
http://www.kahaku.go.jp/institution/shinjyuku/index.html

【内容】
8月12日(日)13時から 講演会
・山田格先生:基礎から学ぶ解剖学(仮題)
・西田伸先生:鯨類の分子生物学的研究について(仮題)
・鈴木夕紀先生(仮):鯨類の食性解析について(仮題)
・田島木綿子:基礎から学ぶ病理学(仮題) 

8月13日(月)9時から16時ぐらい
ストランディング個体の調査実習
スナメリ(2012年6月25日千葉県九十九里市の海岸で発見、メス、168cm)1頭の調査

【定員】20名(応募多数の場合は若干増やします)

【参加費】一人5000円

【参加条件】学部3年生以上(学科は問いません)の学会会員学生

【締め切り】7月31日(火曜日)(参加の意思が確定している方は早めの申請をお願いします)

【宿泊先について】
科博つくば地区にはゲストハウスがあります。
一泊2500円ぐらいで泊まれます。
しかし館全体で使用しているためこの時期どれくらい空室があるか定かではありませんが、
このゲストハウスを利用したい方は一刻も早めにご連絡下さい。
田島から事務に問い合わせます。

【連絡先】
 田島 木綿子( TAJIMA YUKO)
 支援研究員
 脊椎動物研究グループ
 国立科学博物館 動物研究部

◎野生動物医学会スチューデントセミナーコース(SSC)応用(Ⅲ)
博物館・海棲哺乳類編

 

1. 実 習 名:野生動物医学会スチューデントセミナーコース(SSC)応用(Ⅲ) 博物館・海棲哺乳類編

2.開  催:主催 日本野生動物医学会

3.開催時期:平成20年9月23日(金)~9月24日(土)

4.会  場:国立科学博物館 新宿分館 研修館 2階 2A実習室

       http://www.kahaku.go.jp/institution/shinjyuku/index.html

5.経  費:参加者負担金

6.受 講 料:講演会および実習 5,000円/人(交通費,宿泊費,食費は各自負担)

7. 募集人数:20名(日本野生動物医学会員学生に限る)

8.講 演 会:9月23日 金曜日 午後1時~午後4時

  海棲哺乳類の形態学・解剖学(仮) 山田 格(国立科学博物館) 

  漂着海棲哺乳類を活用した病理学(仮) 田島木綿子(国立科学博物館)

  ツチクジラの新知見(仮) 北村志乃(北海道大学)

  海牛類について(仮) 保尊 脩(国立科学博物館)

9.実 習:9月24日 土曜日 午前9時~午後5時

 収蔵標本を活用した博物学的・解剖学的実習

[連絡先]

田島木綿子(Yuko TAJIMA)(国立科学博物館 担当者)

国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ

 

◎2011年度 日本野生動物医学会主催 スチューデント・ショート・コース(SSC)
「Field epidemiologists (FE) による未来のFEのためのSSC」
(通称WAMC/SSC)募集要項

【実施概要】本SSCは2004年、酪農学園大学動物病院構内に当該大学院獣医学研究科の一施設として野生動物医学センターWild Animal Medical Center (『WAMC』と略記)が設置されたのを機に開始され、09年度まで6回、計17名が参加した。本SSCは日本野生動物医学会(2003)で提示された「望ましい実習項目」の「基礎コース」および一部「応用コース(III)」を基盤に野外疫学の視点を涵養することを目的とするもので、WAMCでの関連分野の講義、剖検あるいは麻酔用吹き矢の作製と使用法の実習、これに隣接する野幌森林公園森林地帯内の野外実習(センサスと捕獲)が組み込まれている。なお、詳細な内容は、ニュースレターで紹介された参加者のレポートを一読されたい。

【応募資格】野生動物医学会の学生会員であること。

【募集人数】4名

【日程】2011年9月11日(日曜)~14日(水曜) 

【実施研修施設および実習フィールド】酪農学園大学動物病院構内・野生動物医学センターおよび隣接する野幌森林公園森林地帯(所在地住所 〒069-8501  北海道江別市文京台緑町582)。本学アクセスは酪農大公式ホームページhttp://www.rakuno.ac.jp/gaiyou/access.html 参照。

【宿泊施設】酪農学園大学合宿所(無料)

【費用】20,000円/人 (算出根拠 『酪農学園大学科目等履修生規定』における一科目費用に準ずる。この中には、実習消耗品・事務用品、最終日送別会費用、参加記録の個人宛写真CDなどを含む)

【食費・交通費】各自用意(学生部会生活面支援スタッフと研修初日に相談)

【保険・ワクチンなど】各自旅行用傷害保険事前加入(コピー提出)。破傷風ワクチン事前接種

締切は2011年5月20日(金)です。
応募多数の場合は抽選の上、5月31日(火)までに結果をお知らせ致します。

【注意事項】もし、国内で口蹄疫発生など不測事態が生じた場合、中止される可能性もありますので、MLでの告知にはご注意ください。


 

SSC参加者の声

~工事中~